HOME魚万商店のこだわり魚万商店の冷凍技術魚万商店へのお問い合わせ魚万商店の会社概要
冷凍イメージ
魚万の冷凍が新鮮で美味しいわけ

緩慢冷凍の場合、最大氷結晶生成温度帯(0℃から-7℃くらい)を通過する時間が長いため、氷結晶が大きく成長しやすく、食品の細胞壁の破壊が進んでしまいます。プロトン凍結では、電磁波と磁束の働きを利用して一度に沢山の氷の核を生成することにより、氷の結晶が大きく成長することを防止。だから細胞壁を壊さず、解凍時のドリップを少なくできるばかりか食感も保てます。冷凍技術のイメージ

冷凍品を解凍した小鮎

通常の冷凍品を解凍した小鮎
ドリップが生じている

プロトン冷凍を解凍した小鮎

プロトン冷凍を解凍した小鮎
ほぼ新鮮な状態である

 

ページトップへ
魚万の冷凍技術
魚万商店の取り扱い素材種 魚万商店の冷凍ビジネス 魚万商店とのお取引を是非 魚万商店へのアクセスは 魚万商店へのお問い合わせ